導入の目的

人は誰でも年をとる。年をとればガタがくる。中には病気の後辿症で障害が残ったり、脳制胞が萎縮して痴呆になったりする人もいるだろう。壮年期まではどんなに制力的に活動していた人でも、人生が 夫 (5.0%)  長女以外の娘  封郡捕 長くなった以上はいつ介護を受ける身に転じるかわからない。そしてそれは同時に、介護をする人も増えていく乙とを意味している。 ところが介護を提供する側は、在宅の場合、妻出、息子の配偶者(嫁)幻・6%、娘初%と、家庭内の女性に任されることがほとんどだった(表6)。せっかく雇用機会均等法が整備され、家庭内の役割分担も見直されて、意欲と能力を持った女性の労働力が社会全体にとって不可欠のものとなりつつあるというのに、年間 9万人もの女性が身内の介護を理由に離職を余儀なくされているのである。つまり働く意欲に燃える女性とその力を 必要とする社会のはざまで、介諮問題は大きな壁になっているというわけだ。 また核家族化もすすみ、 しをしている現状である  その意味でも介護の問題を家庭内にとどめておくのは限界にき ているのである。遠くの家族より近くの介護員、なのだ。 介護保険は医療保険、国民年金、雇用保険、労働災害保険に次ぐ、  5番目の社会保障で ある。これは紛歳以上のすべての国民が加入しなければならない強制保険であり、誰もが 安心して長い人生を自分らしく生きられるよう、高齢者を社会全体で支えるシステムを作 ろうというのが、介護保険導入の目的なのである。

出展元:介護職員初任者研修 最短

人口比率

産年齢人口おわかりだろう2187万人、実に 6人に 人 「老いているか」が 年には口・2% が高帥者となり、これを生産年帥人口で別れば、 。 人で 人の尚齢者を支える計算になる 出生率は年々減少している(表 3て 一方で、 若 者が減り、一川齢者が明え、しかも後期尚飾品れといわれる九歳以上の人の別合が尚唱えていくのである。ちなみに、自分自身が河歳、別歳まで生きているとし て、グラフの上でその年をたどってみてほしい。尚齢化問題が人ごとでないことが実感できると思う日齢化社会は現有の老人だけの問題ではない。むし ろ年をとることなど想像もできない、今の若者の将来像なのである人ひとりの問題として、私たち  。 はすでにその渦中にいることを、ずは認識しよう 介鰻保険制度で福祉はどう変わる さて、寿命が伸びたこと自体はすばらしいことだ が、年をとるということはそれだけ病気やケガのリスクが高くなるということでもある 。 その証拠に入 院患者の臼・ は臼歳以上の高齢者であり、日経以上の 2人に  不詳  長女の夫 (0.5%)  長男以外の息子長男人、司法以上の 3人に 2人は病院に 通っているという。その中で、寝たきりの人は約 1 20万人、寝たきりでなくても介護を必要とする人は約 130万人、そして痴呆の人が却万人:: 20 00年の時点でさえ要介諮者は 270万人にのぼ者る。これがお年後には推計で何と 530万人。介護湘はまさに国民的課題なのだ。

出典:

介護保険導入

回護保険導入の理由 高齢化社会をにらんで 国全 稲祉の仕事をめざす人にとって、 1999年は節勝目となった年だった。この年は国連の「国際高齢者制年」であり、円本では2000年の4川から実施さ嚇れる介諮保険を前に、認定申請の受付けが始まった仰 からである。「これにともない、福祉のれり方は きく変わろうとしている」というのだが、ではいっ たい、どのように変わろうとしているのだろう?  そしてそのきっかけを作った介護保険とは、いった刊い何なのだろう?表実はこれ、今まではきわめて個人的だった右人介護の問題を、社会全体が賀任を持つべくシステムを  介腫保険制度で福祉はどう変わる? 転換しようというものである。この法案が通ったの は1997年。背景にはやはり、本格的な高齢化社駒 会の到来がある。ここではまず、高齢化社会につい化 て勉強してみよう。高測 の予 日本では戦後、医療技術の進歩や食糧事情の向上国び 7%からM%まで 諸及 によって、平均寿命が飛躍的に伸びた。鎚進移先推年現在では男性が行-歳、女性が倒的歳。印歳挺 を越えたのは灯年だから、私たちの人生はわずか半 世紀のうちに初年近くも長くなったわけである。  国連では侃歳以上を高齢者とみなし、全体の人口に占める臼歳以上の割合が7%を越えた社会を「高齢化社会」としているが、日本では印年代より高齢化が始まり、均年には7%を、初年代には叩%を越えた。2倍になるまでにかかった年数を比較すると、フランス 114年出生数と合計特掠出生率の年次推移。

参考:

出発点について

安い室内で机を尭んで 錬するため、自然に息苦さんと向き合うことになる。人が好きでなければでき主い だ。   量内にはいたるところに絵や 作品が飾られている無峰質主建造物が有倒的に膨られて‘生活にも色彩を たらす.癒しの仕事   カウンセラー 中学校相談員 村本夏代さん(33歳) 箱庭療法の主意外と大古いそこに表現された世界を 校み解くことにあまり意味それをきっか吋に跨 をすることや、砂に触れること自体が大事だという。 『号、リフレクソロジスト 国際若石健康研究会 横然、馬淵恵さん(24歳) 足農には問や腎どの五臓だ1 でなく、目や耳、リンパ鯨、生磁器、調、首t.tど、全身につながる反射区がマ γピンずされている極めれば箇の 1本 1本の状態までわかる ように4よると 」 犬病を克服しつつ、戸来の夢 をあ~らめてこの道に進んだ 吉図書ん出発点でもありホームベースでむあるこの店に立って、アロマで救われた命に感謝するやり手ビジネスウーマンの釧をbちながら.決して原点を忘れ主い 『  アロマポyトから広がる寄りとハープティ一般か町時間の中で.人 U知らず知らすSされていく   福祉の仕事  介護保険制度で福祉はどう変わる 介護保険導入の理由……高齢化社会をにらんで 介護保険制度の問題点 福祉ビジネスの展望  合2福祉の現場とは?  高齢者施設  特別養護老人ホーム  養護老人ホーム  軽費老人ホーム(A型・ B型)

参考:

時間の共有

木村さんがまた笑いを引書出す後ろから見 ると.木村さん 母子にどっぷりと座り、お年よりと同じ空間、 同じ時簡を共有していることがよかる  さくら苑 山口真理子さ だよ‘オレの写真が創っちゃうの?ファンレヲーが来ちゃったもどうするんだよjと‘明るいおじさん.山口さんがおじさんを支えながら‘山白書んb喜びをbらい、それがまたおじさんの酌みに bなる心が密書合っ Tいる.  入所青の方.在宅ヘルプの品干をしていたどさましと.   生活の喝でめる路盤の中で彼点Uお年よりと悶じ高さにめる寝たきりの人の血圧を測るときも、その人の心の状態に合った声で詰しか吋る同じ邸慮の仲間たちUみなホールに出てしま い. 園理栄養士 さくら苑 田島美枝さん  般すぎてから自分の夢をさがしあてた岡島さん。因島さんが作るメニューは一品ごとに使う宣材が 多〈‘食べてみるととても豊か"昧がする。   業療法士  二俣川訪問看護ステーション銀の舞依田理恵さん( 36歳) 音楽や絵画、映画など芸術を霊する但戸さんにとって、音楽を奏でるように、入所者一人ひとりの頗を思いうかベ在がら盛 リつけをする。 お昼寝から目覚め、おやつを待つ聞の自由時間元気な子、おとな しい子、何かに集中する子、走リ回る子小さくて個性的な人たちの中で.若桑さんは共に成長していく。士院予覚錆暢聴諸国語別恩 絵のカードと名前のカード を組み合わせてみたり、絵 を見て名前を雷っみたり 相手の症状に合わせて訓練法 変えていく。

参考: